リソースカレンダーの権限を制御する方法

リソースカレンダーの権限を制御する方法

役員しか利用できない会議室や特定の場所でしか利用できない会議室がたくさんあるんだけど

全部の会議室に権限を追加するには時間がかかるし、大変だな…

会議1

役員しか利用できない会議室や特定の場所でしか利用できない会議室があるとどうなるか?

まずGoogleカレンダーのマイカレンダーに会議室を追加します。さらに追加した会議室に対して権限を付与したユーザーを追加する必要があります。

そのため、複数のリソースカレンダーがある場合や、複数のユーザーがいる場合は設定にとても手間と時間がかかります。

役員しか利用できない会議室や特定の場所でしか利用できない会議室に対して権限を追加しないとどうなるか?

本来は限られたユーザーしか予約ができない会議室ですが、誰でも予約可能になります。

誰でも会議室の予約が可能となるため、本来利用すべきユーザーが利用できなくなってしまいます。

どのように権限を追加すればいいのでしょうか?

Provii!!で下記の設定をしますと、リソースカレンダーに対する権限の一括登録が可能になります。

1. Google Workspace 上の最新グループ情報を取得します。

 Provii!! 管理画面 > System > DL CALENDAR

 ※時間がかかる場合がございます。

 

2. 該当のリソースカレンダーに対して追加する権限の確認をします。

 Provii!! 管理画面 > Calendars Resources > Calendars Acl

 

3. 変更した情報を Google Workspace に同期します。

 Provii!! 管理画面 > System > UP CALENDAR

 ※時間がかかる場合がございます。

 

役員しか利用できない会議室や特定の場所でしか利用できない会議室に対して権限を追加する作業を効率よくできます。

その手助けを、様々な社内の問題をProvii!!で解決いただけます。

少しでもGoogle Workspace 管理者様のお力になれれば幸いです。

 

カテゴリー: TIPS